さとうです。



先日の休みを利用して青下第3ダムに行ってきました。
DSC04477


ダム名青下第3(あおしただいさん)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名青下川/名取川水系
所在地宮城県仙台市青葉区大倉字薮畑
位置北緯38度18分29秒 東経140度41分28秒
着工年/完成年1931年/1933年
用途上水道用水
堤高17.7m
堤頂長60.4m
堤体積6,000立方m
流域面積19.1平方km
湛水面積3ha
総貯水量264,000立方m
有効貯水量226,000立方m
ダム湖名 
管理仙台市
本体施工者仙台市直営
※上表はダムマニアより



仙台市のサイトには

広瀬川の支流「青下川」には、青下第1ダム、第2ダム、第3ダムがあります。いずれも昭和9年に完成し、現在も仙台市の水瓶として稼働しています。平成8年に3つのダムは歴史的価値が認められ、国の登録文化財に登録されました。

とあり、たいへん歴史のある、貴重なダムなのです!!!

玉石貼の堤体がなんとも美しい!



仙台市民でもあまり馴染みのないこのダム。
青葉区熊ヶ根の水道記念館の近くにあります。

ここには上流から第3、第2、第1とわずか1キロちょっとの範囲に3つもダムがあるのです。

※水道記念館は下流の青下第1ダムの隣です。


水道記念館から散策路を通って第1、第2ダムへ行くことができますので、晴れた日などは家族などでのピクニックにも最適かと思います。


第3ダムへは散策路は整備されておらず、車で行ったほうがいいです。
もしかしたら今の時期は熊に注意したほうがいいかもしれません。

というか、散策だけなら第1、第2だけで十分です。


さらに言えば、青下第3ダムの上流518mの地点には、ダムほどの大きさはないものの、堤長20m、堤高2m、敷幅3.4m堤頂幅0.6mの玉石コンクリート造玉石貼の小ダム、青下水量堰(あおしたすいりょうぜき)もあり、こちらも有形文化財に登録されています。


ちなみに水道記念館は休館日が
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、12月1日〜3月31日

とのことで、道草屋の休みとかぶるために僕はどうやっても行けません。

まもなく冬季休業に入るので興味のある方はぜひ行ってみてください。



■仙市水道記念館

■仙台市水道局 青下水源地散策路のご紹介

■文化遺産オンライン
青下第1ダム
青下第2ダム
青下第3ダム
青下水量堰
青下第1ダム取水塔
青下ダム記念碑
青下隧道入口

■ダムマニア