今更感がありますが、やっとアラジンストーブを片付けましたので
その様子をレポートします。


アラジンストーブ


シーズン始めの使用開始の様子はこちらをご覧ください。





まずは灯油を抜いてタンクを空にします。
DSC06524



ポンプをいつもと逆に挿してチュウチュウと。



上枠を開けるとすすがいっぱい。
DSC06525



内燃板も外して。
DSC06531



ひと冬道草屋を暖めてくれてありがとう。
キレイにしてあげるからね。
DSC06535



しんクリーナーでお掃除。
このあたりの詳しい工程は使用開始時の記事を見てください。
DSC06541



周囲に残ったすすはマイナスドライバーでカリカリと。
DSC06543



キレイになりました。
DSC06548



周辺もよく拭いて。
DSC06557



こういう隙間にゴミが詰まってないか確認して。
DSC06549



内燃板の内側もお掃除。
DSC06537



外炎板もお掃除。
DSC06528




よく見えないけど奥には小さな穴もたくさんあいてますので、その穴が詰まってないかを確認。
詰まってたら針金なんかでゴシゴシと。
DSC06558




周囲のガードも。
DSC06550


外して。
DSC06552

DSC06554



よーく拭いてキレイにしてあげましょう。
DSC06555


天板は反時計回りに回せば外せます。
DSC06559



真上から。
キレイにした内燃板がみえます。
金属版の端などで怪我などしないように十分注意してくださいね。
DSC06561




いろいろキレイにしたら外したパーツはすべて元に戻して。。。
DSC06562

DSC06565





しんを完全に下げて、耐震自動消火装置を作動させておきましょう。
レバーを緊急消火の位置に下げればオッケーです。
DSC06570



内燃板の上から外側の筒までを一緒にボリ袋などで覆いを被せます。
輪ゴムなどでしっかりとめてしんの乾燥を防ぎます。
DSC06574



あとは上枠を戻して完了!

梱包用ダンボールなどに入れてしまっておきましょう。
来シーズンもしっかり使えるはずです!!!






※作業はあくまで自己責任でお願いします。


詳しいメンテナンスはAladdinのホームページで取扱説明書がダウンロードできるのでそちらを参照してください。